遂に「ピーナッツ」がTV放送されるようです!!!

2015年10月04日
朝7時24分から放送開始!
約5分のショートアニメ(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾

原作コミックを今回初めて忠実にアニメ化。原作の雰囲気をそのままアニメで堪能できるようになっているのだそうで、言うなれば “アニメーションで見るコミック” といった風合いになるとのこと。

【1話完結です】
彼らが織りなす、面白くもちょっぴりシニカルなストーリーは必見。視聴しやすい1話完結のショートアニメーションといった点も、特筆すべきポイントよ。

第1話「名犬スヌーピー」

【仲間たちが勢ぞろいしているよ♪】
スヌーピーはじめ、チャーリー・ブラウンにルーシー、サリー。ライナスにシュローダー、ペパーミント パティにフランクリンと、愉快な仲間たちが勢ぞろい。

【チャーリー・ブラウンを演じるのはアノ人】
ちなみにチャーリー・ブラウン声を担当するのは、アニメ「クレヨンしんちゃん」しんのすけ役でおなじみの、矢島晶子さん。しんちゃんのイメージが強い矢島さんだけに、どんなチャーリー・ブラウンを我々にみせてくれるのか、今からとーっても楽しみですっ。

これは見ないと!

ん?ピーナッツ?

1950年にアメリカの新聞で連載が開始されてから、今年で65周年。チャールズ・M・シュルツ氏原作「ピーナッツ(PEANUTS)」は、今もなお、日本をはじめ世界各国で愛され続けている名作です。

←主人公:チャーリー・ブラウン(丸頭の男の子)

世界的に知られるキャラクターであり、その愛らしさから日本でも人気が高い。日本においては、スヌーピーという名前自体が漫画『ピーナッツ』を指す代名詞となっている。

みんなが知っているスヌーピーは実は漫画「ピーナッツ」に登場する主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬なんですね

スヌーピーについて(๑❛ᴗ❛๑)

出典jocee.jp

性別はオス。作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬である。趣味は変装、スポーツ、小説の執筆など多岐にわたる。
生まれた場所はデイジーヒル子犬園で、8匹兄弟の1匹。誕生秘話を語るアニメ作品もある。漫画への初登場は、連載開始から2日後の1950年10月4日のことである。

名前のSnoopyは、snoop(うろうろ嗅ぎ回る、詮索する)から来ている。
誕生日は8月10日

出典
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC

性格、、、
ナルシシスト!
「水皿の水にぼくのかおがうつっている。ぼくはのどが渇いているけど、この水をのみほせばぼくのかおは見られなくなる。ならぼくを見ているほうがいいや」といった発言もある。

チャーリー・ブラウンの野球チームでも不動のショート。

チャーリーがスヌーピーを飼う事になった経緯、、、
あるとき幼いチャーリーが砂場で遊んでいると、隣にいた見知らぬ子供に頭からバケツいっぱいの砂を浴びせかけられた。彼は泣き出し、母親が慌てて家へと連れ帰った。翌日チャーリーの両親は彼を車でデイジーヒル子犬園へと連れてゆき一匹の仔犬を買い与えた、というものである。

ちなみにアニメ版では、新聞広告を見たチャーリーがライナスとともに引き取りにでかけ、5ドルで引きとったことになっている

引用元