実はよく知らない

( ;∀;)誤解されている健康食品のピーナッツ( ;∀;)

ピーナッツと聞いてあなたは何を思い浮かべましたか?「太る」、「鼻血が出る」、「ニキビができる」、「芽の部分は体に良くない」などあまり良いイメージは出なかったかもしれません。しかしピーナッツにまつわるそれらはすべてただの迷信で科学的根拠はありません。むしろピーナッツは「ダイエットに使える」、「美容効果がある」、「ガンや生活習慣病を予防する」などピーナッツはとても優秀な食品です。あの話題の成分も含むピーナッツの正しい知識を学び健康に過ごしましょう!

昨日から糖質制限ダイエット再開したけど豆腐とか納豆とかピーナッツとかミックスナッツとかしか食べてないからそれはそれで吹き出物出そう

①コレステロールを減らす太りにくい脂肪

ピーナッツの半分は脂肪。しかし、一般的な太るイメージの動物性脂肪とは全くの別物。ピーナッツの脂肪のほとんどは太りにくい植物性の脂肪で、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げ動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果のあるオレイン酸・リノール酸(不飽和脂肪酸)です。太ると思っていたピーナッツに大量に含まれる油の正体は、実は良質な太りにくい脂肪だったのです。

ピーナッツに含まれる脂肪は、太りにくい植物性の脂肪。血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げ、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果のある不飽和脂肪酸であるオレイン酸・リノール酸が豊富に含まれています。
また、ピーナッツは摂取後の血糖値の上昇度合いが緩やかで、太りにくいことからも、ダイエット向きな食品なのです

忙しい時の食事に役立つ一本満足バーやカロリーメイトなどの栄養機能食品は実は高糖質である場合が多く、糖質制限には不向き! フルーツの含まれないソイジョイ、特にピーナッツ(糖質量6.7g)やアーモンド&チョコレート(糖質量7.1g)をおすすめします☆ #ダイエット #糖質制限

善玉コレステロールを増やすのは「オメガ3」という油です。ダイエット中の強い味方でもある「オメガ3」は悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やしてくれます。「オメガ3」を含む食品は青魚、しそ油、エゴマ油、亜麻仁油、ナタネ油、くるみ、ピーナッツ等のナッツ類に含まれます。

②冷え・血行不良を改善

ピーナッツには、ビタミン・ミネラルもバランス良く含まれています。なかでもビタミンEは細胞を丈夫にし、老化、がん、心筋梗塞、脳卒中予防に効果が期待できます。さらにピーナッツに多く含まれているアミノ酸のアルギニンは血行を良くし、冷え性や血行不良による肩こりを改善します。

アーモンドに準じてピーナッツにも多く含まれるビタミンEは強い抗酸化作用があり細胞を丈夫にし、老化、がん、心筋梗塞、脳卒中予防に。ピーナッツは血行を良くし、冷え性や血行不良による肩こりを改善します。

ピーナッツの栄養効果がすごい/肥満防止に役立つ脂肪分で実はダイエット向き!
1)肥満防止に役立つ「脂肪」2)冷え・血行不良を改善3)抜群の抗酸化作用
huffingtonpost.jp/self-doctor-ne…
しばらくピーナッツにはまろう。('ー') フフ…

③抜群の抗酸化作用

また、最近の研究で、ピーナッツの種皮には、多量のポリフェノールが含まれ、抗酸化作用のある「ポリフェノール」の一種「レスべラトロール」が豊富に含まれていることがわかっています。このレスべラトロールは非常に抗酸化力が強く、悪玉コレステロールを減少させて動脈硬化を防ぎ、心臓病やがんを予防する効果が高いといわれています。

その他便通を促し、血糖値の上昇を抑える働きがある食物繊維や、アルコールの代謝促進に効果的な働きをするナイアシンなども豊富。

太る原因は油物だけではありません。食べ物が消化され体内血糖値が急激に上がると体内のインシュリンが余った糖質を脂肪に変換することで肥満につながります。この血糖値の上昇が早い食品は太りやすい食品と言えます。お米などの炭水化物は太りやすい食品ですがピーナッツはこの血糖値が上昇する度合を表すGI値(グリセミックインデックス値)がたったの15!!ピーナッツは食べても体内血糖値の上昇度合いが緩やかなので太りにくい食品です。また、ピーナッツは腹持ちがよく小腹がすいたときに数粒食べるだけで満腹感が長く持続するダイエットにむいた食品です。

1日の摂取量は??

美容・健康のためにも是非食べたい食材で、1日20~30粒程度が良いようです。ちなみに、1粒は大体0.5g。20粒で10gとして、58kcalです。

注意点

バターピーナッツなど、油で炒って味付けされたピーナッツは、にきびになりやすくなる過酸化脂質を多く含みます。

引用元