増田英二「実は私は」TVアニメ化が発表!

アニメ「実は私は」ビジュアル

漫画「実は私は」より今っぽいビジュアルになってますね。

TVアニメ「実は私は」公式サイトはこちら

アニメ「実は私は」のキャスト

白神葉子(しらがみようこ):芹澤優
藍澤渚(あいざわなぎさ):水瀬いのり
朱美みかん(あけみみかん):上田麗奈
紫々戸獅穂(ししどしほ):内田彩
紅本茜(こうもとあかね):M・A・O
紅本明里(こうもとあかり):新田恵海

ヒロインの白神葉子の声優は81プロデュース所属の芹澤優さん。最近のアニメだと「プリパラ」の南みれぃ役などを務めている20歳の声優さんです。

アニメ「実は私は」のメインスタッフ

監督:山本靖貴(「ヒーローバンク」「侵略!?イカ娘」)
シリーズ構成:山下憲一(「フレッシュプリキュア!」「宇宙兄弟」)
キャラクターデザイン:丸藤広貴(「マクロスF」「ノブナガ・ザ・フール」)
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

アニメーション制作のトムス・エンタテインメントは最近ではアニメ「弱虫ペダル」を手掛けているアニメ制作スタジオです。

「実は私は」のコミックス単行本は現在10巻まで発売

「実は私は」のあらすじ

可愛いアノ娘は吸血鬼!!
片思いの白神さんの正体は吸血鬼!! 彼女の秘密を守る決意をした隠しごとのできない朝陽のスリリングな恋の行方は!?
楽しく、不器用、吸血鬼ラブコメ!!

「実は私は」は隠し事ができない男子高校生・黒峰朝陽と、なぜか彼の周りに集まった吸血鬼や宇宙人、悪魔といった人ではないヒロインたちが織り成す一風変わったラブコメディ。

【「実は私は」登場人物】 白神 葉子(しらがみ ようこ)

「実は私は」ヒロイン。
一見すると「口数が少なく他人と関わらないミステリアスな女生徒」だが……

実は笑顔のかわいい、ちょっとアホな子。
フランクな性格で関西弁で話す。

しかも白神 葉子の正体はなんと…
「実は私は吸血鬼」だったのです!

喋ったり笑ったりすると牙が見えてしまうためにずっとミステリアスキャラを演じていたのです!

【「実は私は」登場人物】 黒峰 朝陽(くろみね あさひ)

出典ameblo.jp

「実は私は」の主人公。高校生。
あだ名は「アナザル」。
思ったことが直ぐに顔に出てしまい嘘や隠しごとが出来ないことから「穴のあいたザル」→「アナザル」。

この嘘をつけない男が白神 葉子の秘密を知ってしまうことに!

アナザル黒峰朝陽が白神 葉子の秘密を知ることに!しかも白神 葉子は正体がばれると学校を去らねばならないという約束を父親としている!

さらにやっかいなことに「実は私は宇宙人」「実は私は狼男」「実は私は悪魔」「実は私は未来人」というおかしな面々が登場して……

「実は私は」は、こういうおかしなヒロインたちが繰り広げるラブコメディです。

ツイッターでの「実は私は」の評判は?

「実は私は」アニメ化決定。本当に実現した。今から言っとくのも何だけど、最初は微妙でもキャラが揃ってからが本番。特にアレな校長・茜ちゃん(CV:釘宮理恵と信じてる)が登場してからが。前も言ったが頼むから体育祭までやってくれ。 #実は私は pic.twitter.com/2qeYVRRjGI

「実は私は」アニメ化きましたな!これはテンションが上がる!

今ではあまりマンガを読まなくなっちゃったんだけど、「実は私は」はここ数年で楽しみに思えるマンガです。雑誌を読んでないから、コミックスが待ち遠しい。

引用元