この記事は私がまとめました

意識調査(男女1,682人・首都圏中心・2014年10月31日~11月16日にWEBアンケート形式で実施)の結果によると、「初恋は実りましたか? 」の質問に「はい」と答えたのは23.3%だったという。

つまり8割弱の人々は、初恋が実っていないのだ。

思っていたよりも初恋が実らない人の方が圧倒的に多くて驚きますね。あなたの初恋は実りましたか?

『初恋は実らない』
という言葉を聞いたことはありませんか?

『誰にでも素敵な初恋の思い出はあるけれど、それが叶ったひとはどこにもいない』
『初恋とは実らないのが普通』
そういう意味の言葉です。

初恋が実ることの方が珍しいんですね。何歳の時に初恋をしたのか、相手が誰だったかにもよると思いますが、初恋がかなわないのは当たり前だったんですね。

「初恋は実らない」という言葉は恋愛のあるあるネタとして格言のようになっていますが、実際には男女の相性や何歳のときに初恋をするかによって変わってきそうですよね。

年齢だけではなく初恋をする相手が誰なのかによっても左右してきます。小学生や中学生のときに学校の教師に恋をしてしまったとなっては初恋が実らない確率の方が高いですよね。

初恋は実らないというのは、本当なんでしょうか…?

初恋は実らない・・・?そ、そんなの迷信だよ。・・・・・・・迷信だよね?

残念ながら約80%もの方が初恋は実らなかったというアンケート結果が出てしまっています。

@keicham39 秋山さんに届くといいなぁ(*ฅ́˘ฅ̀*)
ひなちゃんの淡い初恋だからね•ू( ͒ᵒ̴̶̷᷄ωᵒ̴̶̷᷅*•ू ͒) ​ )੭ु⁾⁾
初恋って実らないからね(´๑•_•๑)セツナイ

初恋はどうしても相手に気持ちを伝えるために告白をする勇気が出にくく、またフラれたしまったらどうしようと臆病にもなりがちですので、告白をするところまでいけない可能性も高いのです。

▼初恋が実らないのは「経験値」が原因だった!

皆さんの初恋は何歳の頃でしょうか。初恋が実らなかった人、初恋の相手と現在も仲良がよく結婚して家庭を築いた方もいるのではないでしょうか。では、初恋が実った人とそうでなかった人の違いは何だったのでしょうか?その理由は「経験値」によるものでした!

初めて恋した相手とどういった距離感でどうやって接したらいいかなんて誰も教えてくれませんし、誰も分かりません。

なので、 初恋の人との距離をどう縮めたらいいのか分からず、結果、想いを伝える事なく終わってしまうというケースが非常に多いそうです。

初恋が実らないのは当然の事なんですね!経験したことのないことを初めてしているわけですから、そりゃ上手くいかなくて当然です。

初恋だけは本能の赴くままに一切の妥協をせずに恋愛をしてしまうのです。まさしく純愛という言葉がふさわしいですが、それは同時に「身の程知らずな恋」でもあります。

確かに初恋の時は誰しもが初めてのことだらけでどうしていいのか分からなかったり、皆の憧れの先輩などに恋をしてしまい初恋は実らぬままに終わってしまったという方は多いのではないでしょうか。

これまで経験した事のないものなのでどうやってことをうまくすすめていけばいいかもわからず途方にくれることはあったものの、そこに駆け引きのような難しいことはからんでおらずとにかくピュアだったからです。

大人になるにつれて恋愛経験をつみ、どのようにして相手に気持ちを伝えたらいいのか、相手との距離をどうやって縮めていけばいいのかを学んでいくため、恋愛初心者のうちは恋が実りにくいということが挙げられます。

kentoの単独「冴えない男の純情」ありがとうございました☺️
袖は坊主の方先頭で皆で見てました
小3の時に実らなかった初恋の福田くんがいたんですが、あの時私もこんな友達がいたらなという思いをそのまま形にしていただきました笑 pic.twitter.com/9NFD7WJkk2

▼実らなかった初恋が忘れられないのはなんで?

甘くてほろ苦い初恋が忘れられない方は多いのではないでしょうか。大好きだった人に告白できなかった方も、告白したけれど好きな相手とは結ばれなかった方も思い出の中にあの頃のほろ苦い思い出はいつまでたっても消えませんよね。では、なぜ実らなかった初恋はいつまでも覚えているのでしょうか。

初恋の人との記憶が特に残りやすいのは「ザイガルニック効果」のためです。

ザイガルニック効果なんて難しい言葉聞いたこともありませんよね…

ザイガルニック効果とは、「終わっていない仕事や達成されていない目標は、頭に浮かびがち」という現象を指します。

初めての恋は始まっても実らずに終わってしまった。中途半端な気持ちのままになってしまったために、最後まで終わらせたい欲求が満たされず記憶に残ってしまったという事です。

ザイガルニック効果とは、物事を途中まで進めると最後まで終わらせたくなる欲求のことです。

例えば、ゲームを始めたらクリアするまでやり続けたくなる。漫画を読み続けたらきりの良いところまで読み続けたくなる。掃除を始めたら綺麗になるまでやり続けてしまう。こういった場合もこのザイガルニック効果が原因です。

ミシンかたかた
少年野球の合間に
洗濯物山盛りだけど
夕飯何も考えてないけど
始めたら止まらないー pic.twitter.com/3yCHwlKw13

あるあるですよね。一度始めてしまったら他の事をやらなくてはいけないのに今やっていることを終わらせてからじゃないとやりたくないと思ってしまいます。

引用元